eduroam接続設定 - Windows 8.1/10編

この文書では、Windows 8.1, および10でeduroamに接続するための、設定手順を説明します。認証方式などは、下表に示されたごく一般的なものを想定します。もし、所属機関でこれ以外の方式が使われている場合は、所属機関が提供する設定手順に従ってください。

eduroam JPの認証方式
 認証方式  802.1X, PEAP
 サーバ証明書  使用(検証)を推奨
 端末(ユーザ)証明書  使用しない

設定手順

  1.  Windows 8.1の場合、上のようなStart画面になっている場合は、デスクトップのボタンを押して、 下のようなデスクトップ画面に移動します。
    ""
    ""
    Windows 10の場合は2に進んでください。 
  2.  タスクバーにあるネットワークのアイコンをマウスで右クリック (タッチパネルの場合は長クリック)して、 「ネットワークと共有センターを開く」(Windows 8.1)または「ネットワークとインターネットの設定を開く」(Windows 10)を選択し、さらに「ネットワークと共有センター」を選択します。
     (ネットワークのアイコンが見当たらない場合は、 無線LANアダプタが正常に動作していない可能性があります)
    ・Windows8.1
    ""
    ・Windows 10
    ""
    ""
  3.  「ネットワークと共有センター」のウィンドウが開いたら、 「新しい接続またはネットワークのセットアップ」を選択します。
     
    ""
     
  4. 「ワイヤレスネットワークに手動で接続します」を選択し、「次へ(N)」のボタンをクリックします。
    ""
  5. ネットワーク名に「eduroam」とタイプします。
    セキュリティと暗号化の種類は、 標準的には WPA2エンタープライズ/AES の組み合わせになりますが、WPAエンタープライズ/TKIP の組み合わせを使用しているアクセスポイントもあります。
    「次へ」をクリックします。
    ""
  6.  「正常にeduroamを追加しました」の表示が出たら、 「接続の設定を変更します」を選択します。
    (eduroamの設定が既存の場合は、ここでエラーになります。 この場合は、タスクバーのネットワークアイコンを左クリックし、 eduroamの所で右クリックし 「接続プロパティを表示する」を選ぶと、以降同じウィンドウが出ます)
    ""
  7.  「セキュリティ」タブを選択し、 「保護されたEAP(PEAP)」を選択してから、 「設定」ボタンをクリックします。
     (PEAPが選択肢に無い場合、代わりにTTLSが利用できる場合があります。 詳細は所属機関に問い合わせてください) 
    ""
  8.  サーバ証明書を検証する場合は、「保護されたEAPのプロパティ」の中で 「証明書を検証してサーバーのIDを検証する」のチェックを入れ、さらに、 「次のサーバに接続する」もチェックを入れて、 所属機関から通知された認証サーバ名を入力します。「信頼されたルート証明機関」もわかるようであれば、選択します。 (実際の設定については、所属機関の指示に従ってください)
     入力が完了したら「OK」をクリックして、このウィンドウを閉じます。
    ""
  9.  「詳細設定」ボタンをクリックします。
    ""
  10.  「詳細設定」のウィンドウで、「認証モードを指定する」にチェックを入れ、 「ユーザ認証」を選択します。
    「資格情報の保存」をクリックして、ユーザID(@以降の機関名も必要)と パスワードを入力し、OKを押します。
    ""
  11.  OKボタンをクリックして、「詳細設定」と 「eduroamワイヤレスネットワークのプロパティ」の ウィンドウを順次閉じます。
    ""
  12.  この状態でしばらく待つと、自動的にユーザ認証が進み、 ネットワークに接続されます。
    自動的に接続されない場合は、タスクバーのネットワークアイコンを 左クリックし、「eduroam」の所を左クリックして、「接続」をクリックします。

再接続の手順

  1. タスクバーからネットワークのポップアップを出して、 eduroamのSSIDの所で「接続」ボタンをクリックすると、 自動的にユーザ認証が進み、ネットワークに接続されます。
    (通常は、eduroamのアクセスポイントが見つかると、 特に操作しなくても自動的に、端末がネットワークに接続されます。)

トラブルシューティング

設定を誤った可能性があり、うまく接続できない。

SSID=eduroam に対応する設定内容(プロファイル)を削除してから、再度設定を行ってください。プロファイルの削除は、以下のようにします。

  •  タスクバーにあるネットワークのアイコン(設定手順2を参照) をマウスで左クリックし、 ネットワーク一覧の末尾にある「ネットワーク接続」をクリックする。 これで「ネットワークとインターネット」の設定画面が表示される。
  •  Wi-Fiの項目の下の方にある「Wi-Fi設定を管理する」をクリックする。
  •  「既知のネットワークの管理」からeduroamを選び、 削除ボタンをクリックする。

 
タスクバーのネットワークアイコンをクリックし、ポップアップからeduroamを選択して接続を試みたが、うまく接続できない。

手動設定を行う前に、上記のような手順で接続を試みると、ユーザ名とパスワードを問い合わせる表示が出ます。ここからID/パスワードを入力した場合、正常に接続できる場合と、失敗する場合があります。本ページに記載のとおり、手動で再設定を行ってください。

設定、ユーザID、パスワードがすべて正しいのに認証に失敗する。

無線LANの電波が弱い場合、1X認証は失敗する確率が高いです。電波の強い所で認証が正しくできるかどうかを確認してください。
また、無線LANが不安定な場所で一度認証に失敗すると、設定がすべて正しくても、認証がしばらくの間通らないことがあります。数分待ってから、電波の強い所で再度試してみてください。

eduroamの認証に成功し、IPアドレスも取得できたが、外部のネットワークにアクセスできない。

機関によっては、セキュリティ上の理由により、eduroamによるネットワーク利用をVPNに限定していることがあります。そのようなサイトでは、所属機関などのVPNサーバに対してVPN接続を行うことによって、ウェブサイトの閲覧などができるようになります。