機関向け情報

eduroam JPへの加入について

国内の高等教育研究機関等は、eduroam JP を介して eduroam に参加することができます。eduroam への参加は原則として機関単位です。


eduroam JPへの参加には、原則として認証用のサーバとアクセスネットワークの整備が必要です。ただし、最大で一年をめどにアクセスネットワークの整備を行う場合は、例外的に加入申請を受け付けています。

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

加入申請について

eduroam への加入を希望する機関の方は、eduroam JP申請システムよりご申請ください。(参加機関名は当ウェブサイトで公表されますので、予めご了承ください。)

平成29年7月以降の加入に際しては、加入規程、実施要領、技術・運用基準に基づいて加入申請をお願いいたします。


承認にかかる日数は、SINET利用機関では通常1~3営業日、その他の機関では1週間~2週間程度です。参加が承認されれば、事務局側の接続設定は数日中に完了します。

eduroam への参加を検討しており、事前に問い合わせが必要な場合は、ご連絡ください。


参考:eduroam JP 加入規程、実施要領、技術・運用基準

※加入規程、実施要領、技術・運用基準が公開されています。
 構築と運用はこれらの規則に従ってください。


SP運用事業者の方へ

SPを運用いただいている事業者様につきましては、eduroam JP申請システムではなく、以下の様式に必要事項を記入し、電子データを弊所担当までメールにてご送付ください。弊所での内容確認後、問題がなければお知らせいたしますので、代表者の記名および公印の押印の上、弊所担当までご郵送ください。
eduroam JP加入申請書(SP運用事業者向け)
 

認証システムの選択

認証用のサーバには、次のような選択肢があります。各参加機関においてRADIUSサーバを構築・運用することが原則ですが、それが難しい場合は他の方法を選択していただくことができます。どの方式を利用するかは、「eduroamJP申請システム」の中でご指定ください。

RADIUSサーバの構築・運用
 RADIUSサーバについては、Free RADIUS以外にも選択肢があります。
 例として、RADIUS認証機能のあるアプライアンス製品等を使用することもできます。

 アカウント発行システムの利用   
 

アクセスネットワークの整備

アクセスネットワークについては、学内ネットワークとはセグメントを分離して構築してください。
 

基地局マップデータの提出

初出: May 15, 2014
更新: June 5, 2017

​GÉANT (旧TERENA)が提供するeduroam基地局マップに、日本もデータ提供を行っています。   

基地局マップに掲載されると、 eduroam Companion (iOS, Android対応)でも利用できるようになります。 

機関側で下記のテンプレート(XML形式, 文字コードUTF-8)に記入、コメント行削除、institution.xml というファイル名で保存の上、eduroam JP申請システムよりアップロードしてください。

自動収集のための仕組みがまだ無いことから、基地局マップの更新は事務局の手作業になっています。できる限りとりまとめてのご連絡をお願いします。
 

基地局マップデータ作成ツール

ご厚意により、以下のツールが提供されています。

機関の利用環境に応じてお使いください。

 

各種申請

加入・変更・脱退申請

 

eduroamロゴの利用

eduroamロゴについてはGÉ​ANTのサイトを参照してください。
ロゴの利用についてのeduroam JPへの届け出は不要です。
 

参考情報

 

お問い合わせ

各機関の機関責任者・技術担当者の方、および加入を検討している機関の方からのお問い合わせは、以下のメールアドレスまでお願いいたします。

国立情報学研究所 
学術基盤推進部 学術基盤課 
eduroam JP担当

email:  

または、[お問い合わせ作成開始]ボタンを押して、フォームに必要事項を記入し、送信してください。




注意:エンドユーザ様からのお問い合わせは一切受け付けておりませんので、各加入機関は、
   自機関の構成員からの問い合わせを受け付ける窓口をご用意の上、構成員に周知して
   いただきますよう、お願いいたします。

 

事業者向け情報

更新情報

[通信事業者の方へ]  
    →  eduroam参加について